プチ花知識~誕生花と花言葉

花キューピッドで注文する
1月 スイートピー 花言葉・優しい思い出・門出
マメ科の一年草。開花期5~7月。
ヒラヒラと蝶が舞っているようなフリルの花が愛らしく、
甘い香りのするスイートピーは春にぴったりの花。
他の花と合わせてもスイートピーだけのブーケにしても素敵です。
花言葉の通り、新たなスタートをきる方への花束にもおすすめです。
スイートピー
ページのトップへ
2月 チューリップ 花言葉・美しい瞳・恋の告白(赤)・新しい恋(白)・名声(黄)・愛の芽生え(ピンク)
ユリ科の多年草。開花期3~5月。
誰もが知っており、大人から子どもまで多くの人に愛される花。
単色・複色とも豊富なカラーがあるほか、改良された花の形には、
一重咲き・八重咲き・ユリ咲き・パーロット咲き・フリンジ咲きなど、さまざまなものがあります。
チューリップ
ページのトップへ
3月 フリージア 花言葉・あどけなさ・純潔・慈愛・親愛の情
アヤメ科の多年草。開花期3月~6月。
春まだ浅い季節、花屋の店先で甘い香りをただよわせ、気分を明るくしてくれる花といえば、フリージア。特に野生種に近い、黄色の花は強く香ります。以前は黄色と白だけでしたが、現在は、赤、紫、ピンクなども出回っています。
フリージア
ページのトップへ
4月 アルストロメリア 花言葉・エキゾチック・未来への憧れ
アルストロメリア科の多年草。開花期5~11月。
花持ちがよく、次から次へと花を咲かせる魅力的なお花です。原産地は南アメリカですが、別名「インカの百合」、和名「百合水仙」と呼ばれ、斑点模様の個性的な花びらも多くの人に親しまれています。オレンジ、ピンク、赤、白など花色も豊富です。
アルストロメリア
ページのトップへ
5月 ピンクバラ 花言葉・上品・気品・しとやか・暖かい心・恋の誓い
バラ科の落葉、または常緑低木。開花期 春、秋。
世界中の人々から愛されるバラ。特にピンクのバラは、可愛さと上品さを兼ね備え、どの年代の女性からも人気があるお花です。ピンクのバラのプレゼントは恋愛成就にもご利益がありそうですね。
ピンクバラ
ページのトップへ
6月 ユリ 花言葉・純潔・威厳・無垢
ラン科の多年草。開花期 5~8月。
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉があるように、茎を高く伸ばし、夏に漏斗状の花を咲かせるユリは、凛とした女性のイメージ。
日本にも数多くの種類がありますが、西洋での白ユリは、聖母マリアの純潔の象徴で、キリスト教の儀式に欠かせない花でした。
ユリ
ページのトップへ
7月 ヒマワリ 花言葉・あこがれ・崇拝・熱愛
キク科の一年草。開花期7~8月。
青空の下、大輪の花が一点を見据えて咲く姿は元気で情熱的なイメージ。最近はミニサイズの可愛いひまわりがありますが、やはり、輝くような花色と、その花姿が、まわりをパッと明るくさせ、ポジティブなパワーを届けてくれます。
ヒマワリ
ページのトップへ
8月 トルコキキョウ 花言葉・優美・希望・思いやり
リンドウ科の一年草。開花期5~10月。
キキョウという名前がついていますが、リンドウの仲間で、
爽やかな清楚さの中にも、凛とした気品を感じさせます。
最近は、八重咲きの種や縁どりのある覆輪種など
華やかで高級感のあるものも登場し、人気があります。
トルコキキョウ
ページのトップへ
9月 リンドウ 花言葉・貞淑・誠実・正義
リンドウ科の多年草。開花期9月~11月。
茎の先や上部の葉の脇に色鮮やかな青紫色をしたベルような形の花が開きます。お日様の当たらない曇りの日や雨の日、夜には眠るようにその花を閉じており、奥ゆかしいイメージの花です。
青紫のほか、白やピンクもあります。
リンドウ
ページのトップへ
10月 オレンジバラ 花言葉・乙女のまごころり
バラ科の落葉、または常緑低木。開花期 春、秋。
世界中の人から愛されるバラ。中でも、あたたかみのあるオレンジのバラは、上品で美しいだけでなく、見ているだけで元気が湧いてきます。恋人、友人、お世話になったあの人へ。どんな方に贈ってもふさわしいお花ですね。
オレンジバラ
ページのトップへ
11月 ガーベラ 花言葉・無邪気・愛嬌・信頼・絆・勇気
キク科の多年草。開花期 春、秋。
ガーベラは、熱帯生まれの花らしく、パッと華やかな色と形の都会的な花ですが、品種改良により、さまざまな色みや形のものが登場しました。パステルカラーのガーベラは、ゆっくりと元気のパワーを与えてくれ、気力を回復させてくれる作用があると言われています。ちょっと疲れている方がいたら、ガーベラを贈って元気を出してもらいましょう。
ガーベラ
ページのトップへ
12月 赤バラ 花言葉・熱烈な恋
バラ科の落葉、または常緑低木。開花期 春、秋。
世界中で愛され、花の女王と呼ばれているバラ。花の女王の名にふさわしく、その美しさ、香り、多彩な色をもって、バラは人類を魅了し続けてきた花です。絶世の美女クレオパトラは、バラの花で埋め尽くした客間にアントニウスを迎え入れてもてなしたしたと言われています。
赤バラ
ページのトップへ
Copyright© 2010-2020 花キューピット 広島支部 All Rights Reserved.     ログイン